噂の真実!ダニ用燻煙剤でアトピーが悪化するって本当!?

 

ダニはアレルギーの原因となるということはよく聞かれます。そして、アトピーなどのアレルギー症状を軽減させるために、ダニ退治を考えている方も多いと思います。簡単に退治するには燻煙剤を使うという方も少なくなのいのではないでしょうか。

しかし、ダニ駆除のための燻煙剤も使い方を誤れば、アレルギー症状の悪化の原因になりえます。ここでは、ダニがアレルギーの原因になる理由や燻煙剤がアレルギーを悪化させてしまう理由、燻煙剤以外を使用したダニ退治方法などについて紹介していきます。

 

【ダニアレルギーはアレルギー症状の主要な原因】

ダニアレルギーは、小児喘息の患者の9割近くに該当するといわれるほど多いアレルギーです。当然、アトピーにも影響を及ぼします。

 

また、一般的にハウスダストアレルギーといわれるものは家のチリやほこりにダニなどが発生するため起こるといわれ、ダニアレルギーとハウスダストアレルギーは同じ意味で使われることが多いです。ダニは多くのアレルギー症状の原因の一つに挙げられています。

 

そのため、アレルギー症状を抑えるためにダニ対策が推奨されています。

 

【ダニの死骸やフンがアレルギーの原因】

ハウスダストアレルギーやダニアレルギーといわれるアレルギーでもダニ自体がアレルギーとなることは多くなく、ダニの死骸やフンがアレルギー症状の原因であることが多いといわれています。それはダニの消化管に存在するたんぱく質がアレルギーの原因物質となるためです。

 

そのため、ダニにかまれるだけでなく、消化管のたんぱく質がついたダニの死骸やフンと接触することでアレルギー症状を起こしてしまうのです。したがって、ダニを死滅させることでこれ以上の増殖やフンの増加を抑えることはできますが、ダニの死骸やフンが残ったままだとアレルギー反応を起こしてしまいます。

 

【煤煙剤でアトピーが悪化することも】

煤煙剤は、留守にするときなどに煙をたいておくだけで部屋全体のダニ退治ができるという手軽な点で人気があります。しかし、注意すべき点があります。

 

燻煙剤を使用しただけでダニアレルギーが治まるわけではなく、ダニの死骸やフンを除去しなければ、アレルギー症状は治まりません。ただ燻煙剤を使用して、ダニを死滅させるだけでは、ダニの死骸が増えてしまうので、アトピーを含むアレルギー症状を悪化させてしまう可能性があります。

 

【燻煙剤に含まれる化学物質にも注意】

殺虫剤を使用しているため、人体、特に小さなお子さんの身体への影響やペットへの影響がないよう注意する必要があります。さらに、アレルギー体質の方は殺虫剤などの化学物質にも弱く、アレルギー反応を起こしてしまう可能性が通常よりも高くなります。そのため、ダニを退治するたに燻煙剤を使用した結果、逆にアトピーなどのアレルギー症状が重くなる可能性があるのです。

 

【ダニアレルギーのためにすべき対策】

ダニ対策は燻煙剤を使用しなくてもすることができます。そもそも、ダニアレルギーのための対策はどのようにすべきでしょうか。

 

ダニ対策には、まずダニの繁殖を抑えること、そして、アレルギーの原因となるダニの死骸とフンを除去することが必要ます。ダニ対策というとダニを死滅させればよいと思っている方もいると思いますが、先ほど紹介したようにダニの死骸やフンがアレルギー症状の原因となりますので、これらを除去することも大切です。

 

【ダニの繁殖を抑える方法】

ダニはフケや垢、チリなどを食べて成長し、繁殖しますので、その食料となるフケなどを除去することが大切です。さらに、熱と乾燥に弱いので風通しを良くしたり、天日干しをしたりすることも有効です。湿気の多い時期は除湿器を利用して、湿気を減らすこともダニの繁殖を抑えることにつながります。

 

最近では、ダニ誘引剤でダニを集め、乾燥材でダニを退治するといったダニ取りマットも販売されています。殺虫剤が使われていないものも多く開発されており、小さなお子さんのいるご家庭でも安心して使用することができます。ダニ取りマットなどの商品も有効期限や配置の仕方に注意をして使用すれば一定の効果が期待できるでしょう。

 

【ダニの死骸やフンを除去する】

アレルギーの原因となるダニの死骸やフンの除去はやはり掃除が大切です。掃除をすることでダニの食料となるチリやふけなども除去することができ、ダニの繁殖を抑えることにもつながります。これらは目に見えないので、掃除機で吸う方法が効率的でなおかつ効果的です。但し、ダニやその死骸、フンは布目や細かい隙間に潜んでいるため、ゆっくりと丁寧に掃除機をかける必要があります。

 

また、布団などでは普通の掃除機はかけにくいという方もいると思います。その場合は布団専用のクリーナーを利用したり、掃除機に着けて使うことのできる布団用ヘッドを利用することをお勧めします。

 

【ダニ退治のための燻煙剤を使用した後にすべきこと】

ダニが増殖しまくっているから抑えるために燻煙剤を使用したいという場合もあるでしょう。そのような場合も、ダニの死骸やフンの除去と殺虫剤が人体に影響しないよう換気を行うことやしっかり掃除をすることが大切です。

 

また、燻煙剤が食器にかかった場合は必ず水洗いをすること、布団などの直接肌に触れるものにかかった場合はブラッシングや天日干しをしたり、はたいたりして燻煙剤の成分を除くことも推奨されています。

 

【ダニ退治には掃除が一番】

ダニ退治というと死滅させればよいと思い、燻煙剤を利用する方も多いですが、それだけでは逆にアレルギーを悪化させてしまうおそれがあります。ダニ対策には掃除が一番大切です。

 

燻煙剤を使用したとしても、ダニの死骸を取り除いたり、化学物質の影響を抑えたりするために掃除は必須です。こまめに掃除をしていればダニも増殖しにくくなりますので、遠回りのように聞こえますが、ダニ対策のためには掃除機がけなどを丁寧に行うことをお勧めします。

 

 

コメントを残す