ダニ退治の超定番は殺虫剤!というあなたを戦慄させるデメリット!

 

家の中にダニがいる!そう気づいた時どうしますか?ほとんどの方が殺虫剤を使えば何とかなる!と思っているのではないでしょうか?

しかし、殺虫剤でのダニ駆除、実は完璧なものではありません。こんなことを言うと「えぇ!?じゃあどうすればいいの?」と不安になる方もいるでしょう。

 

しかし、探せば殺虫剤以外の駆除方法は意外と多いものです。今回は、殺虫剤のデメリットと私が実際に試して効果を感じた究極の方法をお伝えしていきます!

 

殺虫剤でのダニ退治では完ぺきではない!

 

冒頭でお伝えしましたが、殺虫剤はダニ退治としては不完全です。一体なぜか?ここでその根拠を順にお伝えしていきます。

 

表面のダニにしか効かない

殺虫剤の種類によって使い方は様々。スプレータイプや燻煙タイプ、あるいは畳に差し込み殺虫成分を中に送りこむものなどもあります。

 

しかし、ほとんどのダニは奥深くに潜んでいる為、効くとしたら表面のダニのみになる可能性が高いのです。その為、生き残ったダニは繁殖を繰り返します。ですので、殺虫剤でダニを根絶やしにするのは非常に難しいでしょう。

 

ダニ自体が殺虫剤に耐性がつき死滅しにくくなっている

殺虫剤は常に進化し続けています。次々に強力な殺虫効果のある商品が発売されていますが、それにあわせてダニも進化しているそう。なんと!殺虫剤の使いすぎによりダニ自体に耐性がついてきているというのです。

 

現に殺虫剤を日常的に使用している駆除業者の人達からも以前と比べてダニが死ににくくなった!という声が挙げられています。

 

本当に対処したい物に使えない

ダニの住みかになりやすい寝具や衣類。しかし、殺虫剤は寝具や衣類に使えません。私がホームセンターで見た商品のほとんどが寝具への使用を避けるよう書かれていました。

 

ですので、他の場所でいくら殺虫剤を使用しても、寝具にダニが住み着いていたり、畳の奥に潜んでいる限り繁殖を繰り返します。これでは意味がありません。

 

殺虫剤にはこんなデメリットも

 

殺虫剤がダニ対策として完璧ではないことは色々と前述しましたが、ここでもう一つ。殺虫剤のデメリットをご紹介しておきます。

 

それは「健康被害」です。

 

私の家には子供がいるのですが、殺虫剤を使用した後から子供が「目と喉が痛い」と言い出したのです。見ると目が少し充血しているようでした。殺虫剤は人体に影響が少ないように作られていますが、100%無害というわけではありません

 

特に子供やペットのように体が小さいとそれだけ負担も大きくなるのでしょう。体への負担を考えると殺虫剤は極力避け、最終手段として置いておくことをオススメします。

 

殺虫剤を使わないダニ対策とは?

 

では、殺虫剤を使わずダニを駆除するのは可能なのでしょうか?実は探してみると意外や意外、たくさんの方法があるんです!その方法についてチェックしていきましょう。

 

やっぱり掃除と換気!

ダニ対策において、掃除と換気は欠かせません!むしろ、これをしないとダニは繁殖を繰り返します。

 

ダニのエサとなるホコリや食べ物のカス、人のフケやアカはしっかりと取り除きましょう。掃除機を使えばカーペットや寝具の表面にいるダニ自体を駆除することができます。また、部屋の換気をこまめに行い、湿度を下げてダニの繁殖しにくい環境をつくることも大切です。

 

寝具は天日干しや乾燥機で加熱駆除!布団の丸洗いもオススメ!

ダニの繁殖しやすいアイテムとして必ず出てくる「寝具」。

 

寝具は、私たちが寝ている間に放った水分がこもりやすく、ダニの住みかとしては格好の場所です。何もせずに放置すると中でダニが繁殖し、最悪ダニの死骸を睡眠中に吸いこむことになります。それを防ぐためにも、寝具のケアはこまめに行いましょう。

 

お金を掛けずに始めたいのが『天日干し』

お金がかからず一番楽な方法は、天日干し。ダニが熱に弱い性質を生かし、太陽光で加熱するのです。カラッとした天気の良い日に布団を干すことで、中にこもった湿気を取り除き、ダニを死滅させることができるでしょう。

 

ダニ対策以外にも使える布団乾燥機

さらに、乾燥機を使うのも有効です。乾燥機を使えば、布団の表面温度は60度以上になります。これで表面にいるダニはもちろんのこと、中にいるダニもほとんど死滅させられます。

 

また、布団乾燥機はダニ対策以外にも、冬場に冷たくなってしまう布団を温めたりすることができるので一度購入すれば結構使い勝手が良いところもありがたいですね。

 

完璧を目指すなら『布団丸洗い業者』の利用!

「でも、うち乾燥機ないし…天日干しもしているけどイマイチ効果を感じないのよね…」そんな方には、専門業者に布団の丸洗いを依頼するという方法もあります。

 

布団の丸洗いは、お金と時間がかかりますがダニの駆除効果は抜群!それどころか、新品のようにふんわりとした布団になって戻ってくるのです!

 

私も一度お願いしたのですが、使用感のあるペタっとした布団がまるでホテルの布団かと思うくらいキレイになって戻ってきました。寝心地はもちろんですが、鼻のムズムズや子供がかゆみを訴えることもなくなり、丸洗いをして本当に良かったなと思います。

 

 ダニ対策をできる布団丸洗いクリーニングはこちら

アロマを使うという方法も…

この方法は知らない人が多いかもしれませんね。最近は、アロマディフューザーを利用する人が多いことからエッセンシャルオイル(アロマオイル)への関心も高まっています。このエッセンシャルオイル、実はそれぞれにきちんと効能があり、ヨーロッパでは古くから虫よけとして使われたいたものもあるんですよ。

 

その代表的なものが「ティーツリー」や「レモンマートル」です。これらと精製水で割ったものをカーペットやフローリングに使用するのも大変効果的!爽やかな香り広がりリフレッシュできる上にダニの忌避効果も期待できます。そして、植物成分100%なので人体への被害もなく使えるところも魅力です。

 

ダニ取りシートや乾燥・除湿アイテムの使用

最近はダニを駆除するため、様々な商品が販売されています。その代表的なものがダニ取りシートや乾燥・除湿アイテムです。

 

ダニ取りシートは、ダニが気になるところへ忍ばせておくと、シートの誘引剤に誘われ勝手にダニが集まり中で死滅するという優れもの。寝具やカーペットの下に置いておくとよいでしょう。

 

乾燥・除湿アイテムは、湿気を取り除きダニが住みにくい環境を作ることができます。部屋の換気とセットで使用することで、部屋全体をダニが住みにくい空間へと導けるでしょう。

 

おわりに

 

いかがでしたか?このようにダニの駆除方法は様々です。
家庭によって、子供さんがいたり、ペットがいたり、あるいはあなた自身肌が弱くて殺虫剤が使えないということもあると思います。こんな時、色々な方法を知っておくと大変便利です。

 

今回お伝えした方法は実際に試して効果を感じたものばかりですので、今あなたがダニ対策の方法で悩んでいるのであれば、ぜひ参考にしてくださいね。

 

コメントを残す